家で綺麗な花を育てよう!夏にオススメの育てやすい植物

気温の高い夏場は暑さに強い植物を選ぶのがポイント

季節に適した植物を選ぼう

夏場に植物を育てる場合には、暑さに強い植物を選ぶことが大切です。暑い時期に暑さに弱い植物を選んでしまうと、環境を整えることが大変で最悪からしてしまうこともあります。そのため、夏場は暑さや乾燥に強い植物を選ぶようにすることが大切です。

夏に強い植物・ベスト3

no.1

一位はキク科の多年草ガザニア

夏は植物によっては水やりを欠かしてしまうことで、すぐに枯れてしまうものもあります。ガザニアは暑さに強いだけでなく、乾燥にも強いので育てやすい植物です。花の色も様々で、鮮やかな色が多いのが特徴です。開花時期も長いので、ガーデニングで彩をつけたいときに最適です。

no.2

二位は丸みのある花が特徴的なセンニチコウ

センニチコウの花は夏から晩秋まで咲く、丸みのある花がかわいらしい植物です。切り花にしてもなかなか枯れないので、花瓶などに入れて玄関や部屋の色どりにも使えます。寄せ植えにすることで華やかさを加えることができ、ドライフラワーにすればより長い間花を楽しむことができます。

no.3

三位は公園や道路沿いなどでも見る機会が多いマリーゴールド

マリーゴールドは、公園や道路沿い、庭先などで他の植物と一緒によく寄せ植えさせれています。日光を好む植物であり、日差しが強いときでも元気に花を咲かせます。また、マリーゴールドにはセンチュウを減らす効果もあり、センチュウからほかの植物を守りたい場合に一緒に植えると効果的です。

家で綺麗な花を育てよう!夏にオススメの育てやすい植物

花

枯らしてしまわないように注意

夏場はついうっかり水やりを忘れてしまうこともあり、土が乾燥して植物を枯らしてしまうこともあります。そのため、毎日十分に水をやることが大切です。また、水やりをしすぎても、根腐れを起こして枯れてしまうこともあるので、それぞれの植物に合った水のやり方を調べることも重要なことになります。そのほかにも、日差しが強い場所が苦手な植物は日陰に置いたり、害虫がつかないように予防することも大事です。

丁寧に手をかけてあげれば植物も応えてくれる

植物もきちんと手をかけることで、元気に成長してくれます。草花は成長が早いので、苗から育てる以外にも種を植えて育てることもできます。手を加えなくても育つイメージが強いですが、大きく成長するまでは間引いたり追肥をしたり、成長する環境を整えることが大切です。ちゃんとした育て方を調べて実行することで、きちんと成長してくれます。

最大の利点!多大なる癒し効果を得よう

植物を育てることの最大に利点は、癒しを得ることができる点です。都会などで緑の少ない場所であれば、庭や玄関先などでガーデニングをすることで、ちょっとした癒しを得ることができます。また、小さな鉢植えであれば、窓辺などの室内に置くこともでき家の中にいながらでも癒しを得られます。犬や猫などと一緒に暮らしている場合には、食べてはいけない植物もあるのでその点に注意してガーデニングなどをするようにしましょう。

一緒に読んでおきたい記事

花

家で綺麗な花を育てよう!夏にオススメの育てやすい植物

ガーデニングを始めるにあたって、いきなり難しい植物を育てるのは避けましょう。なるべく丈夫で育ちやすい植物を選ぶことが初心者には重要なポイントと言えますよ。

READ MORE
広告募集中